トランプ・アメリカ大統領 日記

【トランプ大統領・司法にかみつく(1)】裁判官を非難

AFP http://www.afpbb.com/articles/-/3116691
トランプ大統領、入国禁止差し止めた判事に暴言・司法の独立に暗雲
2017年02月05日 09:21
❝トランプ大統領は「この、いわゆる判事の意見は本質的にわが国から法執行というものを奪うもので、ばかげており、覆されるだろう!」とツイッターに投稿した。❞

どうやらアメリカの現職大統領が「三権分立」の民主主義制度を理解していないようです。民主主義国家の根幹を認識していないことは極めて危険であり、アメリカ国民のトランプ大統領の支持者は責任を持ってトランプ大統領を教育すべき時が来ています。


【トランプ大統領・金融規制緩和に動く(5)】トランプ政権の本性・格差拡大の方向
➡【トランプ大統領・金融規制緩和に動く(1)】トランプ政権の本性・格差拡大の方向

社会は制度(システム)で創るもの

トランプ大統領に限ったことではないのですが、社会はシステムで出来ていることを認識できない人がいます。その人たちは規則が自分の都合に合わないと「規則が悪い」と無意識に受け止めています。個人主義が浸透して「わがままに振る舞うことが自由」と勘違いしています。「暴走族」「ゴルフのマナー違反」などが「悪いこと」との認識を持てない人たちです。これは深刻な問題です。

村上ファンドの言動を支持する人たちがたくさんいます。「物言う株主」にも制約があるのです。企業は人間社会です。労働者の権利が無視されて良い訳がありませんが、不当労働行為を認識できない経営者が数多く出現しています。労働者の立場の人でも、社会の中での労働者の権利を認識できず「村上ファンドはカッコ良い」と口に出している人もいます。東証1部上場会社の経営者でも「村上さんは良い人」と言っていた人がいると聞きます。

民主主義社会の根幹を認識できない人が、ついにアメリカ大統領に上り詰めたのです。


「三権分立」を認識できない

トランプ大統領は❝「判事の意見は本質的にわが国から法執行というものを奪うもの」❞とツイッターで発言しているのですが、「法執行」とはどのような仕組みであるのかを、この人は認識できていないのです。これは「異常者」のレベルであり、世界最高の権力者としては「最も危険な人物」と考えられるのです。

司法の判断は、これも国民が制定した憲法に反していないかを判断します。短期的な視野ではなく制度そのものを守ろうとするのです。行政府の長である大統領も国民に選ばれた責任者ですが、「入国手続きの厳密化」を図ろうとするのであれば、個人の人権を害さない範囲で執行しなければなりませんが、トランプ大統領には個人(他者)の人権を認識できないのです。これはナチスです。

現代社会の問題提起「格差拡大」

「知性に対する反発」がトランプ大統領の支持者にはあることが良く見えます。知性あるオバマ大統領がもたらしたものが「巨大な格差」です。これは根本的な「人権侵害」とも言えるもので・・・

【トランプ大統領・司法にかみつく(2)】裁判官を非難➡

➡【マティス国防長官・稲田防衛大臣が会談(1)】「尖閣は守る」
➡【トランプ大統領の主席戦略官・スティーブ・バノン(1)】
【トランプ大統領 入国制限・入国拒否(1)】アスペルガー症候群の自己愛性人格障害?
【トランプアメリカ大統領の政策を支持】アメリカ国民にとっての正義[1]
【トランプ・アメリカ大統領・新政権】正義・秩序・利益[1]
【天才・トランプ次期アメリカ大統領(1)】グローバル化に歯止め?
【トランプ次期大統領・利益相反問題(1)】
【トランプ次期大統領就任式まで僅か(1)】「反知性主義」知性のもたらしたもの
【トランプ次期大統領・記者会見】自己愛性人格障害?
【トランプ氏メリル・ストリープさんの非難に対して反撃(1)】
【メリル・ストリープさんゴールデングローブ賞、受賞(1)】トランプ氏の行為を批判
【置き去りにされた人々(1)】トランプ現象の真実[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(16)】政治の私物化[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(14)】会議が苦手[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(9)】アスペルガー症候群[1]

 

-トランプ・アメリカ大統領, 日記