トランプ・アメリカ大統領

【トランプ大統領、安倍首相とゴルフ会談(3)】日米関係の理解のほどは?

東洋経済 ONLINE
http://toyokeizai.net/articles/-/157386
トランプ大統領「安倍首相とゴルフ」を明言
「相手を知ることができる」と意義を強調
2017年02月07日

いよいよ日米首脳会談が始まります。問題だらけのトランプ大統領ですが、その理解力をよく見ておきましょう。


➡【トランプ大統領、安倍首相とゴルフ会談(2)】日米関係の理解のほどは?
➡【トランプ大統領、安倍首相とゴルフ会談(1)】日米関係の理解のほどは?

➡【トランプ政権の中枢、ゴールドマン・サックス(1)】短期的資金効率

 

トランプ大統領の視野

トランプ大統領の不動産屋としての経験では、大変単純な取引をしてきたようで、強引であれば不動産取引では有利になる場面が多いことでしょう。倒産を繰り返してきたことを見ると、その単純な理解でほとんど誤解と言える認識で取引してきたので、時に間違いを起こしていたのでしょう。

日米安保の枠組みをトランプ大統領が理解することは不可能であり、NATOとEUの枠組みはもっと複雑で手の付けようがないくらいの能力不足を感じます。NATOの枠組みに不安を生じさせていることは、ロシアのプーチン大統領には非常に都合のよいことです。


単純で安定させることのできる東アジアの枠組みから取り組み始めたのはマティス国防長官ですが、当然に軍事に関してプロの心配事が垣間見えた状況です。それほどトランプ大統領は「稚拙」な理解しか持てない脳機能なのです。複雑な多国間の関連性を彼は理解できずにいるのです。これを正すことは大変危険で、トランプ大統領はいつか我慢できなくなる恐れが濃厚です。

安倍首相の対処方法

安倍首相は「TPPに関してはしつこく説明する」としていますが、これは危険です。おそらく実際にはうまくやるのでしょう。トランプ大統領は安倍首相を「手下」のように使いたいのが、本人も気付けない本音のはずです。深く入り込むにはバロン氏のような思考過程が必要ですが、安倍首相には自信があるようです。どうやらトランプ大統領と安倍首相は「似た者同士」のようなのです。小池百合子東京都知事も仲間と感じます。

トランプ大統領の日米関係に寄らず他者との関係については、これまでの発言が本当であり、幼稚で誤解だらけの認識であることを、認める必要があります。「駆け引きではないのか?」といつまでも考えていないで、巻き込まれないためには「アスペルガー症候群の特性」を理解してしまうことです。

トランプ大統領の徒党の組み方

トランプ大統領はバロン主席戦略官やクシュナー上級顧問などとタッグを組んでいるとされていますが、アスペルガーの人の癖を見ると、自分の知らないことに対する臆病なところが・・・

【トランプ大統領、安倍首相とゴルフ会談(4)】日米関係の理解のほどは?➡

➡【トランプ政権の中枢、ゴールドマン・サックス(1)】短期的資金効率
➡【トランプ大統領・司法にかみつく(1)】裁判官を非難
➡【トランプ大統領・金融規制緩和に動く(1)】トランプ政権の本性・格差拡大の方向
➡【マティス国防長官・稲田防衛大臣が会談(1)】「尖閣は守る」
➡【トランプ大統領の主席戦略官・スティーブ・バノン(1)】
【トランプ大統領 入国制限・入国拒否(1)】アスペルガー症候群の自己愛性人格障害?
【トランプアメリカ大統領の政策を支持】アメリカ国民にとっての正義[1]
【トランプ・アメリカ大統領・新政権】正義・秩序・利益[1]
【天才・トランプ次期アメリカ大統領(1)】グローバル化に歯止め?
【トランプ次期大統領・利益相反問題(1)】
【トランプ次期大統領就任式まで僅か(1)】「反知性主義」知性のもたらしたもの
【トランプ次期大統領・記者会見】自己愛性人格障害?
【トランプ氏メリル・ストリープさんの非難に対して反撃(1)】
【メリル・ストリープさんゴールデングローブ賞、受賞(1)】トランプ氏の行為を批判
【置き去りにされた人々(1)】トランプ現象の真実[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(16)】政治の私物化[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(14)】会議が苦手[1]
【トランプ次期アメリカ大統領(9)】アスペルガー症候群[1]

-トランプ・アメリカ大統領