トランプ・アメリカ大統領

【トランプ大統領・安倍首相、日米首脳会談(9)】「アメリカの犬」

ゴルフ会談が大きな意味を今回は持っていたことは確実です。その意味は「2人だけの時間」が長かったことです。仮にトランプ大統領に「アスペルガー症候群による自己愛性人格障害」がみられるとすると、あの歓待は「演技性人格障害」の表れと見ることが出来ます。

すると2人での人間関係に関してはトランプ大統領は「得意」とするところで、2人の間では「演技」して相手に合わせてきます。それで懐柔して自分のペースに持ち込むことが得意なのです。

朝日新聞 DIGITAL
http://www.asahi.com/topics/word/%E6%97%A5%E7%B1%B3%E9%A6%96%E8%84%B3%E4%BC%9A%E8%AB%87.html
日米首脳会談

➡【トランプ大統領・安倍首相、日米首脳会談(8)】FTA・TPPの問題

【トランプ大統領・安倍首相、日米首脳会談(5)】演技性人格障害


「アメリカの犬」

イギリスのブレア首相がかつて「アメリカの犬」と呼ばれたことがあります。イラク侵攻の時にアメリカに替わって関係各国を説得して回った様子が、あまりにもアメリカの手先のような状態に見えたからです。


今回のゴルフ会談・外交ではトランプ大統領は大変親密な姿勢を見せつけ、日本外交としては「120%」成功と言えるほどの成果を得ているといえます。それはトランプ大統領にとって人間関係ですべてを評価する認識があり、中身には認識が持てないのです。トランプ大統領が目的としているのは、経済的成果と外交的な場面での味方を得るのが優先しているのであろうと考えられます。そして握手の仕方などで言われている通り「支配する」意思が明白です。

アスペルガー集団の中では、力関係が全てで序列が決まります。プロゴルファーの中ではゴルフの腕前で全ての序列が決まるようなもので、ゴルフの腕が良いと管理職としての腕がなくても支配人となったりすることが起きます。アスペルガー集団の中では「牛耳る力」がすべての序列を決めてしまうので、どれほど安倍首相が世界情勢に通じて良いアドバイスをトランプ大統領に示せても、そのうち牛耳られる可能性があるのです。

安倍首相も「人たらし」と言われており、トランプ大統領を「たらし込む」自信があるのでしょうが、トランプ大統領のほうが上手でしょう。国の大きさの違いはどうすることも出来ず、それが首脳同士の序列にもなっているのはこれまでと同じです。

日本が「トランプの犬」にならないことを祈ります。

キッシンジャー氏の影

先日、キッシンジャー元大統領補佐官が中国の正体を受けて訪問したことが知れれています。トランプ政権内部にキッシンジャー氏の秘書官が入ったことも報じられています。このことが中国と日本・・・

【トランプ大統領・安倍首相、日米首脳会談(10)】キッシンジャー氏の影

➡【トランプ大統領・安倍首相、日米首脳会談(1)】良く研究した日本側
➡【トランプ大統領・安倍首相、日米首脳会談(1)】ハプニングがなければ大成功?
➡【トランプ大統領、安倍首相とゴルフ会談(1)】日米関係の理解のほどは?
➡【トランプ政権の中枢、ゴールドマン・サックス(1)】短期的資金効率
➡【トランプ大統領・司法にかみつく(1)】裁判官を非難
➡【トランプ大統領・金融規制緩和に動く(1)】トランプ政権の本性・格差拡大の方向
➡【マティス国防長官・稲田防衛大臣が会談(1)】「尖閣は守る」
➡【トランプ大統領の主席戦略官・スティーブ・バノン(1)】
【トランプ大統領 入国制限・入国拒否(1)】アスペルガー症候群の自己愛性人格障害?
【トランプアメリカ大統領の政策を支持】アメリカ国民にとっての正義[1]
【トランプ・アメリカ大統領・新政権】正義・秩序・利益[1]
【天才・トランプ次期アメリカ大統領(1)】グローバル化に歯止め?
【トランプ次期大統領・利益相反問題(1)】

 

-トランプ・アメリカ大統領