ゴルフ・ギア

【飛距離が伸びるボール選びを考えてみる(1)】なぜボールフィッティングが必要?

ゴルフボール選びは、実は非常に重要です。ゴルフで使えるボールには規格に幅があるんです。だから自分に最適なボールを選ぶと、良いスコアメイクや、飛距離を伸ばすこと可能になってくるのです。

  • ボール初速を伸ばし、スピン量を決める。
  • 価格が安いため、あらゆる種類のボールを試打できる。

アマチュアゴルファーにとっては、まず初めにボール選びをして見るのが、上達の早道であるのかもしれません。

↓↓↓参考雑誌:「アルバトロス・ビュー」 2017年 4/13号:【ボールの本当の実力】「とことんテスト」

 

【楽天ブックス】




石川遼プロが糸巻きボールを打ってみたら?

あるテレビ番組で、石川遼選手が昔のクラブを試打する場面がありました。

パーシモンヘッドのドライバーと糸巻きボールで、石川遼選手が打ってみると、250ヤードほどの飛距離でした。通常、石川選手は300ヤードを超える飛距離を持っています。これを見ると「糸巻きボールは、かなり飛ばないのだ!」と感じるかもしれません。

このことから分るのは、ヘッドスピードが高い人でも、ヘッドの違いやボールの違いで飛距離が大幅に変わることです。クラブヘッドやシャフトに注目しても「ボール初速とスピン量」が問題となります。ボール選びでもこの2つの要素が問題になります。

「パーシモンヘッド」と呼ばれるクラブは、ウッドの名のとおりパーシモンで出来たヘッドに43インチのスチールシャフトを通した380gぐらいもある重いドライバーです。昔は誰でもがこの重いドライバーを振っていたのです。ヘッドは180ccもなくスイートスポットは1円玉より小さいものでした。左右のギア効果が大きく、ドロー、フェードを打ち分けるのに現在のようにフェースの向きよりも、ヘッドのトーやヒールで打って打ち分けるプロも多くいました。「業師」が強いプロであることが多かったのです。

パーシモン (Persimmon)

柿の木のこと。かつて、ウッドのヘッドは文字通り木 (主に 柿ノ木) で作られた。最近では スチール、チタン、アルミニウムなどの金属、さらには 樹脂や炭素繊維などを使ったコンポジットと呼ばれる複合材料などに変わってしまい 見られなくなった。

引用:weblio辞書

パーシモンと糸巻きボールの取り合わせで、ヘッドスピードの高い人の弾道を見ると、低い打ち出しで途中から跳ね上がるように吹き上がっていきます。昔はこの弾道にあこがれていたものです。

しかし、これでは逆に飛距離を落としていることに気付いたのは、あのジャンボ尾崎プロです。

ジャンボ尾崎の高いティーアップ

ジャンボ尾崎選手がJ'sブランドでメタルヘッドを作り上げ、マスターズに持ち込んだとき、ジャンボ尾崎選手の周りには沢山の世界の名手が集まり・・・・【飛距離が伸びるボール選び(2)】飛距離を伸ばせるボールとは?➡

 

【楽天ブックス】

 

「ゴルフ・ギア」 一覧

【ゴルフボール】安くたってあなどれない飛ぶC級ボール!1ダース2千円以下もある!

➡【2017年にピッタリのゴルフボール、酉の干支ボール! 商売繁盛のボールは?

➡【ドライバーをネットでカスタム注文してみよう!】松山選手使用のGBBの場合

➡【石川遼が飛距離を伸ばす?!】キャロウェイの禁断のドライバー、2月発売【動画あり】

 

-ゴルフ・ギア