ゴルフ・ギア

【飛距離が伸びるボール選びを考えてみる(5)】スピン性能も見てアプローチでも寄せる!

ゴルフボール選びは、実は非常に重要です。ゴルフで使えるボールには規格に幅があるんです。だから自分に最適なボールを選ぶと、良いスコアメイクや、飛距離を伸ばすこと可能になってくるのです。

  • ボール初速を伸ばし、スピン量を決める。
  • 価格が安いため、あらゆる種類のボールを試打できる。

アマチュアゴルファーにとっては、まず初めにボール選びをして見るのが、上達の早道であるのかもしれません。

参考雑誌:「アルバトロス・ビュー」 2017年 4/13号:【ボールの本当の実力】「とことんテスト」


←【飛距離が伸びるボール選び(4)】ちょうどいいボールの柔らかさが飛距離を伸ばす

←【飛距離が伸びるボール選び(1)】なぜボールフィッテングが必要?

ボールの2大特性とは?

←ボールの2大特性①コンプレッション

■②カバーの硬さ

糸巻きボールから2ピースボールになって以降、カバーが硬い2ピースボールがドライバーの飛距離では有利とされてきました。しかし、アプローチなどヘッドスピードが低い時には、ボールカバーが軟らかくないとヘッドに引っかからずスピン量が足りなくなり、ボールが止まりません。ウェッジに限らず、200ヤード先のグリーン上でも、逆スピン量が足りないとボールを止められません。

ボールをワンバウンドぐらいで止められると言うことは、グリーンの奥行きを長く使えるわけで、スコアメークに大変有利になります。仮に40ヤードの奥行きのあるグリーンに止めるとすると、5ヤードで止められるスピン量があれば、35ヤードの奥行きにキャリーさせればよいことになります。20ヤード転がってしまうスピン量では20ヤード幅にキャリーさせなければグリーンオーバーとなってしまいます。この差は決定的な差をもたらすことは明白です。

タイガーウッズクラスの人は5番アイアンでもワンバウンドで止められます。しかし、我々アマチュアゴルファーでは5番アイアンではどれほど転がるのかも予測できません。

でもこれが、ボール選びで大きく違ってくれば、大変な武器になります。ボールの芯が軟らかく、カバーも柔らかければ両方の特性を作れるのですが、完全に両立できるほどの製品はまだありません。

しかし現在は、「第3のボール」といって、その両立に近い特性のボールは存在するので、アマチュアゴルファーのレベルでは十分と言えるでしょう。

ウェッジなどでのショートゲームのスピン量を重視するには、カバーが軟らかい必要があります。

ディスタンス系・スピン系・両立系(第3のボール)と3種類の中で、どの特性をどれぐらい実現しているのかを見定めて選んでみてください。

←ボールの2大特性①コンプレッション

一流プロも使用する「王道スピンボール」?

球の高さをイメージしやすく、スピン量も7000回転以上出る安定性

松山英樹選手も使用する「スリクソン Z-STAR」~2015年モデル、日本仕様で安い!

 

【楽天市場】

そのほかに、テーラーメイドTP5、タイトリストProV1があります。

とにかくスピンかけまくりたい「激スピンボール」

スピン量が7500回転を超える勢い! 低い打ち出しで、キュキュッとスピンをかけるのが得意な人へ!

タイガーウッズ選手も2017年から選んだ「ブリジストン Tour B330S」

 

【楽天市場】

そのほか、石川遼選手が使用するキャロウェイのクロムソフトXもあります。

スピン性能も侮れない「第3のボール」

7000回転前後あって、王道スピンや激スピンにスピン量は劣っていない「第3のボール」。試してみたら、新しい発見があるかも!

↓↓↓キャロウェイのクロムソフト。サッカーボールを模したデザインがカッコよくて人気!

 

【楽天市場】

そのほか、ダンロップゼクシオUX AERO、ブリジストンTourB V10、テーラーメイドグローレDSなどもあります。

 

ボールフィッテングはお安い・!

■ディスタンス系

ドライバーの飛距離重視でアイアンの逆スピン量は落ちるボール・・・・【飛距離が伸びるボール選び(6)】シャフト交換より安いボールフィッテング➡

「ゴルフ・ギア」 一覧
【ゴルフボール】安くたってあなどれない飛ぶC級ボール!1ダース2千円以下もある!
➡【2017年にピッタリのゴルフボール、酉の干支ボール! 商売繁盛のボールは?
➡【ドライバーをネットでカスタム注文してみよう!】松山選手使用のGBBの場合
➡【石川遼が飛距離を伸ばす?!】キャロウェイの禁断のドライバー、2月発売【動画あり】

 

-ゴルフ・ギア