トレンド 日記

【2017全米オープン】1日目まとめ!松山英樹選手、不調ながらも会心のイーグル奪取!

さて2017年全米オープン1日目が終了しました。日本勢の結果は、池田勇太選手、谷原秀人選手、宮里優作選手がイーブンパーで45位(最高位)。小平智選手が1オーバーで61位、松山英樹選手は2オーバー」で82位、今平周吾選手は4オーバーの114位でした。




トップは、リッキー・ファウラー選手で7アンダーで、好調です。大会初日のベストスコアに並んだとか…。

しかし、松山選手も不調ながらも、イーグルをとっています!!!

コースは、ウィスコンシン州のエリンヒルズ・ゴルフコース。ちょっと見は全英オープンのリンクスのようですが、それとはちょっと違っていて、結構起伏があるようです。砲台グリーンもあって、距離感が難しそうです。

初!全米オープンゴルフ2017の開催コース、エリンヒルズ・ゴルフコースはどんなところ?

グリーンはベントでスティンプメーターは13フィートと言われていますが、1日目は柔らかいようで、13フィート出ているのだろうか?と解説陣も首をひねっているところもあります。

試合前には、ラフのフェスキューが長すぎて話題になっていましたが、フェアウェイは広いけれど、やはり曲げてフェスキューの中に入ってしまうと、厄介ですね。現地リポーターをしていた青木プロが「フェスキューは柔らかいから、抜けにくい」と。「フェースを返さずに振り切るのがコツ。そうしないとクラブに絡まってしまう」と丸山プロも言葉を添えていました。

これから日本でも夏ゴルフですが、成長しすぎた長いラフの打ち方には気を付けましょう!

イーグルも出した松山選手は?というと、「あれだけ広いフェアウェイに打てない」と落ち込んでいる様子。パットもまだ復調は遠いようで、会場に来ていた藍ちゃん(優作)のお父さん、宮里優氏に手ほどきをしてもらっていたようです。


またコースについて、宮里優作選手によると、「今日は下が乾いて、セカンドの距離が昨日、一昨日よりも前に行っていた」ということです。このまま雨が降らないまま行くと、日に日にライがしまって固くなり、距離感が難しくなってくるのではないかと思います。きっと、グリーンも速くなってくるのでしょう。

 


池田勇太選手は、前半に5ボギーをたたきながら、後半5バーディをとって驚異的な巻き返し! あまり細かいことを考えずに、大雑把に行くようにしたことで、プラスに転じていったよう。


飛行船が墜落するというハプニングも起こった初日の全米オープン。初の開催コースというエリンヒルズ。まだまだビックリするようなことが起きるのでしょうか?

初日快進撃のリッキー・ファウラー選手がメジャー初制覇するのか? でも、松山選手はどっちかというとスロースターター。まだまだ日もあるので、挽回を期待したいところです!


-トレンド, 日記