ゴルフ・ギア トレンド 日記

【2019年の松山英樹】キャロウェイ「エピックフラッシュ」で飛距離を伸ばす!?これがエースドライバーになるのか?

2019/02/13

さて、2019年PGA男子ツアーが本格的に動き始めました。松山英樹選手もツアーの舞台に立つのは、今回の「ファーマーズインシュアランス」で2回目ですが、注目されるのは使用ドライバーです。1回目のソニーオープンインハワイから投入した新しいドライバー、キャロウェイ「エピックフラッシュ」の調子が上がってきたようです!



2019年松山英樹の新ドライバー、キャロウェイ「エピックフラッシュ」

↓↓↓「ファーマーズインシュアランスオープン」の2日目。松山英樹選手のティショット。持っているドライバーは、デザインからキャロウェイ「エピックフラッシュ」と思われます。

下記を読んでもらえるとわかると思いますが、ネックの根元を見ると、弾道調整機能が付いていることがわかるため、キャロウェイの「エピックフラッシュ サブゼロ」か、限定発売の「標準エピックフラッシュ」でしょう。

「サブゼロ」には、フェードとドローを打ち分けることができるペリメータウェイトの他に、スクリューウェイトがフェース側についているのですが、それが付いていないように見えるので、もしかして「標準エピックフラッシュ」なのでしょうか???

 

キャロウェイ「エピックフラッシュ」には、当初は3種類あります。

①エピックフラッシュ スター、②エピックフラッシュ サブゼロ、そして③標準のエピックフラッシュです。ただし、③は数量限定と言われています。

キャロウェイ「エピックフラッシュ スター」

↓↓↓こちらは、キャロウェイ「エピックフラッシュ スター」。(ネックの弾道調整機能なし:ネックの部分を見ると、サブゼロや標準と違うことが分かります。)その分ヘッドが軽く、シャフトを自分のあったものにすることで、すべてのゴルファー向けでしょう。ペリメータの重りは3モデルともついており、「スター」モデルも重りの位置を調整することで、フェードとドローを打ち分けることが可能です。

 

キャロウェイ「エピックフラッシュ サブゼロ」

↓↓↓こちらは、キャロウェイ「エピックフラッシュ サブゼロ」。ネック弾道調整機能はついていますが、ペリメータとは別にソールのフェース側にスクリューウェイト(2g)が埋め込まれています。低重心にはなりますが、下記の標準より全体重量が重くなります。また、ヘッド体積は460ccで同じですが、小ぶりに見えるように作ってあり、どちらにしてもプロ好みのクラブとなっています。

 

キャロウェイ「標準エピックフラッシュ 」(数量限定)

↓↓↓こちらは、キャロウェイ「エピックフラッシュ」の標準で、数量限定品です。ペリーメータでフェードとドローを打ち分けることができ、ネック調整機能もついています。クラブ重量も300~303gで、アベレージでも使用できるでしょう。

 

「エピックフラッシュ」で松山英樹プロの飛距離が伸びている?

昨年(2018)シリーズの松山英樹選手の飛距離平均は、302.0ヤードでした。

しかし、ここまでの2019シーズンの飛距離平均は、305.1ヤードです!!

なんと、2ヤード伸びています!! (まだ、測定回数が少ないのですが…)

もしかしたら、キャロウェイ「エピックフラッシュ」を新ドライバーにしたことで、飛距離が伸びた可能性もありますね。

また、

ソニーオープン初日のドライビングディスタンス、323ヤードを記録。(2019初戦の「セントリートーナメント」ではザンダー・シャウフェレが優勝しましたが、彼が使用していたのもキャロウェイの「エピックフラッシュサブゼロ」。最終日の平均飛距離は312.8ydを記録していることから、「エピックフラッシュ」が飛距離を出すクラブだと言うことが分かります)

今回のファーマーズインシュアランスOPでも、310ydに迫るドライバーショットを連発しています!

これで方向性が安定すれば、怖いものなしのドライバーとなるはず。さて、キャロウェイ「エピックフラッシュ」ドライバーは、松山英樹選手のエースドライバーなるのでしょうか??

とにかく、今シーズンの松山英樹選手に期待です!!!

【AI(人工知能)で設計したドライバー】松山英樹、石川遼も使用する!キャロウエイ「エピック フラッシュ」のすごさとは? 2019年PGA初戦を制した!

➡【マット・クーチャーが2019ソニーオープンで優勝したドライバー】2017年モデルでも飛ぶ!!ブリヂストン・JGRドライバー。でも彼が気に入ったのは正確性?



 

-ゴルフ・ギア, トレンド, 日記