ゴルフ・スイング理論 日記

【あ・うんのゴルフ4スタンス理論を解釈する(63)】飛距離をのばすならアッパーブロー!ヘッドスピード同じなのに…なぜ女子プロはアマチュアより飛ぶのか? 

よく「女子プロと男子アマチュアは同じくらいヘッドスピード」と言われます。確かに女子プロは37m~42mぐらいで、男子アベレージゴルファーと呼ばれる人々と同じようなヘッドスピードです。しかし、女子プロは220ヤードから250ヤードの飛距離を平然と打っています。でも、アマチュアは男子でも250ヤードを超えてくる人は少ないのが現実です。これはどうしてなのでしょうか?それと関連して、4スタンス理論のタイプ別「力を入れ始める位置(力点)」について、お伝えしましょう。



「レベルブロー」と「アッパーブロー」

近年、テーラーメードが推奨しているスイング「レベルブロー」にして、ロフトを寝かすスイング軌道は男子プロには多いようです。(レベルブローとは水平に動くスイングの事で、「スウィープに打つ(地面に沿って打つ)」ともいう。)

これは、ドライバーヘッドの低重心化が進み、「アッパーブローに打たなくても済むようになったから」と言うのが真実ででしょう。(アッパーブローとはカチ上げるように打つこと)

ドライバーヘッドがパーシモンの時代、低く飛び出したボールがホップアップして高度を上げ、真上から落ちる様が、プロ級の証と考えられてきた経緯があります。これは、プロはヘッドスピードが速いためバックスピン量が多く、ボールは低く飛び出しても途中で急激に高度を取ってほぼ真下に落ちてしまうのです。

↓↓↓こちらは、お馴染みテーラーメイドの「M4 ドライバー」。マークダウン商品となり、お安いですね。下のGDOさんの参考記事のデータでも、一番無難なドライバーかと思います。新しい「M6」は、ヘッドスピードによりスピン量が適正になるものと思われます。

 

アッパーブローは飛ばしの秘訣、始まりはジャンボ尾崎

現在では、バックスピン量は2,000回転前後で、打ち出し角度が高く、「ボウダマ」で飛んでいくのが一番飛ぶことが分かってきました。

※以下GDOさんの記事では、テーラーメイドのドライバーを初代からすべて試打してみたときのデータを取ってます。スピン量が増えているのが気になりますが、打ち出し角が上がってきているのが分かります。

昔からのゴルフファンならば、このアッパーブローの考え方をいち早く取り入れ、飛距離を伸ばしてきたのがジャンボ尾崎さんであることはご存知と思います。

かつてはまだ、ボールもスピンがかかりやすく、ヘッドの重心が高く、どうしてもスピン量が増えてしまう時代でした。そんな中で、ジャンボさんが自分なりに工夫したのが「アッパーブローに打ち出す」ことでした。それを、米PGAのプロたちがマネをしていったのです。

実は、現在の米PGAプロ達でも、ドライバーの入射角はアッパー軌道が多いと言われています。腕っぷしがよほど強くヘッドスピードが出る選手以外は、やはりアッパーブローで飛距離をのばしているのです。ブルックス・ケプカ選手などは、なんとダウンブローに打っており例外です(*_*;

まず、当時のジャンボは、ロフト角8度とかなりロフトを立てたヘッドで、ディープフェースにして、フェイス高の高いヘッドを使用しました。そして、ティーを特別に長いものにして、ティーアップは特に高くしていました。

↓↓↓こちらは、ジャンボ尾崎プロの練習風景。ティーが高いのが分かります。

ディープフェースにすると重心が高くなってしまうのですが、重心よりも上のエリアを広く取って、そこをスイートエリアとして、逆スピンを抑える動きを利用していました。

ティーアップが高いのは、スウィングの最下点から上がってくる時点で、フェースが上向きになったところでボールを捉え、ロフトより高さを出す工夫をしていたのです。ロフトを増やして打ち出し高さを出すと、逆スピンも増えてしまいますが、ロフトが低ければ逆スピンはかからず、上を向いているので打ち出しは高くなるのです。

こうして、ジャンボは当時のドライバーヘッドの技術的限界の中で、できる限り逆スピンを無くし、打ち出し角度を高くする工夫をしていたのです。

↓↓↓こちらは、20年近くもロングセラーで人気のあるティー。口コミ数も多いです。ジャンボ尾崎プロはこれよりも長いのを使用していたと思います。

 

アベレージ男子ゴルファーのダウンスイングのダメな点

ゴルフ初心者のスイングは、ほとんど「カット軌道・ダウンブロー」になってしまいます。あるいは、「カット起動でアッパーブロー」になり、スライスになるのがほとんどです。

ある記事で、アマチュアの7割はスイングプレーンの上を通って、アウトサイドインの軌道でインパクトしている」と見たことがあります。つまり、カット軌道です。しかも、入射角も女子プロと比べて正反対で、女子プロはプラスの角度、つまりアッパーですが、アマチュアはマイナスの角度、つまりダウンブローになっているというのです。

この理由は簡単で、「アマチュアは打ち急ぐ」からです。バックスイングでクラブを担いだ後、すぐに力を込めてしまい「手打ち」になるのです。すると、必ずと言ってよいほど理想のスイングプレーンから、ヘッドと手が前に出てしまいます。そのまま打つのですからカット軌道になり、当たってもスライスになります。さらに、アッパーブローを意識すればするほど、フェースが開いたままインパクトを迎え、スライスがひどくなるのです。

結果、カット軌道から飛び出したボールは高く上がるのですが、スライスして飛距離が出ません。200ヤードも飛べば良いほうでしょう。たいがい手に力が入っていますので、ヘッドが浮いてヒールに当たり、さらにスライスがひどくなり飛距離が出ません。

これを直すには、どうしたらよいのでしょうか?

もちろんボディーターンですが、そういわれても初心者ではイメージがわかないものです。

「4スタンス理論」で提唱されている4つのタイプ別に、スイングのコツ(振り下ろす際の力点)が違ってくるのでお伝えしましょう。

 

「4スタンス理論」タイプ別「力点」の差

「4スタンス理論」では、「叩きに行く」力点のポイントを4つのタイプ別に示しています。

A2タイプの場合

A2のお手本になるプロは、2019年マスターズで見事優勝したタイガー・ウッズですね!!

もっとも気持ちに素直にできるのがA2タイプです。バックスイングでトップに持っていき、下がっていた左肩が上がり始めたら、打ちに行っても良いのです。

4つのスウィングタイプのうち、最も早く打ちに行っても良いことになります。

B1タイプの場合

次に打ちに行ってもいいのは、B1タイプです。

右手が右肩の高さまで下りたら、打つ気を開放してよいのです。

A1タイプの場合

3番目は、A1タイプです。

両肘がみぞおちの高さまで下りてきたら、打つ気を開放してよいのです。ほぼ地面と水平となるあたりでしょうか。

B2タイプの場合

一番最後は、B2タイプです。日本人の最も多いタイプと言われています。

右手が右股関節ぐらいまで我慢が肝要です。つまり、気持ちとしてはほとんどインパクト寸前まで打つ気を出してはいけないのです。

 

なぜ、そこまで待たなきゃならない?

私はB2タイプですが、一番遅くてなかなかそこまで待てるのか??と疑問がわいてきます。でも、次の事を肝に銘じましょう。

どうして、タイプ別の力点を守ったほうがいいのか??

まず、このポイントを守れば、手が理想的スイングプレーンの前に出ることがなくなります。ということは? アウトサイドインのカット軌道にならずにインサイドから入ることになります。すると、スライス弾道がなおって、飛距離が出るようになります。

また、4スタンス理論の各タイプの大きな特徴は、「スイング時の体重移動の差」にあります。A2が一番体重移動が少なくてよく、A2・B1・A1・B2と体重移動の幅と時間が順に大きくなっています。

つまり、体重移動の大きなタイプ(B2)ほど、手が下りてくるのを待たないと、スウィングプレーンを外してしまうからなのです。

 

この違いを意識して練習すると、「スライス病」から早く脱出できるようになるでしょう。ボディーターンを意識すぎると、手が動かなくなります。

このポイントを習得して、思いっきり「ひっぱたく」ことを覚えると飛躍的にヘッドスピードが上がりますよ!

それができるようになったら、アッパーブロースイングも習得して、さらに飛距離をのばしてみましょう!!

※関連記事~

【飛距離の伸びるボール選び】軽いのがいいか?重いのがいいか?ヘッドスピードによって違うのがわかった!



 

-ゴルフ・スイング理論, 日記