ゴルフ・ギア 日記

【2020松山英樹】プレーオフで3位!かっこいいブラックシャフトの新パターを投入!?

2020/09/12

2020年、米PGAツアーのプレーオフ第2戦「BMW選手権」で首位発進。久しぶりに期待を持たせてくれた松山英樹選手。結果は、ダスティン・ジョンソン、J・ラームと首位争いして3位で終わったが、新しいドライバーやパターの投入が功を奏したかもしれない。



パターに挿したのは、LAゴルフのブラックシャフト

さすが松山英樹選手。

プレーオフ第2戦「BMW選手権」で、惜しくも勝利は逃したが3位をおさめ、初出場から7年連続となる最終戦に挑むことになった。

松山英樹選手が「BMW選手権」で投入したのが、新しいドライバーとパター

ドライバーは、未発売のスリクソン『ZX5』ドライバーらしい。これで383ヤードのビッグドライブをみせてくれた!


パターは、エースパターのスコッティキャメロンのピン型パターが有名だが、今回も同じピン型パターではあるが、シャフトが違っていた!

↓↓↓プレーオフシリーズ第2戦「BMW選手権」時の松山英樹選手。パターにかっこいいブラックシャフトを挿している!

Embed from Getty Images

 

 

↓↓↓そのシャフトが、LAゴルフのブラックパターシャフトOzikTP135。しかもカーボンシャフトで重さで選べる(135g、180g)ようになっており、松山英樹選手は135gを使用している模様。

 

↓↓↓このシャフト、すでにブライソン・デシャンボーやリッキーファウラーも使用している。

アマゾンと楽天市場で探してみた‼

楽天市場のショップでは、US専門のゴルフショップでもまだ扱っていないようだ。

アマゾンにはあった!

LAゴルフのパター専用シャフトにはブラックシャフトとホワイトシャフトがあり、シャフト重量も135g、180gなど選べるようだ。

上画像でも確認できるように、デシャンボー選手は180gをチョイスしている模様。

↓↓↓エリートグリップのこのコイルは、今のクラブのシャフトに巻き付けるだけで、総重量やバランスを簡単に安く変えることができる‼ 試しながら自分に合った場所に変えていけばいいのだ!リシャフトして固定しちゃう前に試してみよう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エリートグリップ パイソンクラブコイル 20g/30g セット ゴルフスイング練習器具
価格:2286円(税込、送料別) (2020/9/12時点)

楽天で購入

 

 

 

なぜ、パターのシャフトを重くするのか???

通常パターシャフトの重量は110~120g程度なので、LAゴルフではカーボンシャフトなのにわざわざ重くしてバランスを取っているようだ。

ブライソン・デシャンボーが180g、松山英樹選手は135gのシャフト

これにグリップとヘッドの重さが加わるから、当然パター全体の重さが重くなる。

シャフト重くするのは、余計な手の動きをさせないため?

通常パターヘッドの重さがあるから、それによってクラブの先におもりがある感じになり、ヘッドに仕事させようとすると自然な振り子運動になる。

だから、ちゃんとヘッドに仕事させれば、物理の法則によって正常な軌道になるし、ボールを打つ時にもスイートスポットに当てることだけ考えてればいいことになる。

じゃあ、なんでわざわざシャフトを重くして、全体が重くなることでヘッドの重さが感じられなくするのか??? 疑問がわく!

2つ理由があるように思う。

1つは、弾きがいいヘッドの場合、ヘッドの方に重心があると予想以上に加速度がついて転がりすぎてしまうなど、ボールのスピードコントロールがかえって難しくなる。

これには、実際に合点がいくところがある。パターにはいろんなものがあるけど、ヘッドによって弾きのいいものと悪いものがある。

自分もいろんなパターを作ってみてるけど、例えば、同じストロークで弾きのいいヘッドと弾きの悪いヘッドでパターを打ち比べてみると、弾きのいいヘッドは必要以上に転がって行ってしまうこともある。

だから、その場合はグリップを太くしたりして、グリップ側に重心(ウェイト)を持ってきてヘッドが利きすぎないようにバランス調整するとうまくいくようになることがある。

これをカウンターバランスという。

 

もう1つは、筋トレした選手ほど、あるいは特定の癖がある人ほど自然なストロークができず、手首のよけいなローテーションや動きが出てしまい、ひっかけなどして思った通りのラインにストロークできない。

デシャンボーもシャフトを180gにして全体をかなり重くしているのは、ご存じの通り、彼は筋トレによってムキムキマンになっているから、手首のよけいな動きを阻止したいからじゃないのかと思う。さらに彼は、これは前からだけど、グリップを太く(長く)していて(アームロック方式も有名)、これも余計な手首のローテーションなどを嫌っているのが分かる。

さて、皆さんもどうだろうか???

パットに難があるゴルファーは、パターシャフトを重くすることを試してみてもいいかもしれない。

 

この、松山英樹選手が使い始めたLAゴルフのOzik TPシャフトはまだまだ未知なので、また詳しいことが分かり次第、この記事をブラッシュアップしていくつもりなのでチェックしていてほしい…。いやまたいつになるかわからないが、待っていてほしい!!!



 

 

 

-ゴルフ・ギア, 日記