日記 車の知恵

コロナ禍でクルマ所有の価値が変わる? 一人旅と車中泊 実用と共用が効くベッド

コロナ禍で車中泊のニーズが高まってるといいます。電車や飛行機では3密回避が難しく、通勤では仕方がないけど、旅行ではマイカーを使用するという人が増えています。車中泊するために必要なベッドとはどんなものだろう?



コロナ禍で変わるクルマ事情

コロナ禍でいろいろなことが変化している。

例えば、交通事故が減って、自賠責保険料が引き下げになると言う。つまり、「コロナ禍」にっよって交通量が減り、結果的に事故が減ったとの分析だ。

だが、この分析に「エビデンス(証拠)」はない。当たり前だが、人々の動きが少なくなっても一人一人に理由を聞いたわけでもない。極めて“正確”と思われる推測だ。

 

クルマ所有の価値が変わる!?

コロナ禍で、クルマ所有の価値が見直されてきた。

新型コロナ感染拡大によって、電車、バス、飛行機など公共交通機関は当然にいくらかの感染の危険がある。そこで、自家用車で移動すれば安全性が高まるからだ。

通勤にマイカーを使うようになったという人も増えているという。

さらに、休日にはホテルに泊まるのではなく、車中泊にして「ひとりキャンプ」すれば、「感染拡大はかなり防止できる」と言った理屈である。これはたぶん正しいのであろう。すくなくとも強く推察できる。

泊まる場所はホテルじゃなくて道の駅などだから、ホテル代もいらない。

 

車中泊もできて、日常にも使えるクルマは?

車中泊には、本格的な「キャンピングカー」が快適だし一番いいだろう。でも、いかんせん車両代金(およそ500万円~)が高い。

それに、大きすぎて駐車スペースの問題がある。もちろん、1台目として購入したら、日常の買い物や子供の送り迎えなど実用車としては取り回しが悪いに決まっている。すると、2台所有となる可能性が高い。

そうすると、そこまで本格的キャンピングカーでなくとも、ベッドが快適で車中泊に向いているのが、ミニバン、SUV、ステーションワゴンなどだ。

特に、ミニバンは室内高も高く、居住性が良い。キャンプ用、そして日常の使用に耐える絶好のサイズと言えるのかもしれない。

↓↓↓ミニバンのキャンピングカー。キャンピングカーシェアのCAMPS LIFE(キャンプスライフ)さんでは、1日1万円程度でレンタルできます!

 

「マイカーで車中泊」に必須のベッド

コロナ禍になる以前にも、キャンプ志向は高まっていて、今ではたくさんのオプションが販売されている。

例えば、2020年も軽4輪の新車販売台数がトップのホンダ・N-BOX。

楽天市場でもたくさんのアクセサリーが販売されている。

↓↓↓以下はN-VAN用だが、運転席以外をフルフラットにできるため、車中泊にはもってこい!広々生活空間を作れる!

 

軽自動車なのだが「一人旅」、「二人旅」なら十分な機能を用意できる優れものだ。

今流行のソロキャンプもできるのだ!

ミニバンクラスになれば、各車オプションのフラットベッドを使うとかなりの広さが確保できるだろう。

↓↓↓以下は、アルファードなどのミニバンクラスのクルマにピッタリの車中泊マット。空気を入れれば8センチの厚さで、腰も楽々!

 

クルマは【手軽に買えるもう一部屋】?

コロナ禍でクルマを所有する価値も変わって、以上のようなものももっと幅広く支持される機能になってくるかもしれない。

もしかしたら、クルマが【手軽に買えるもう一部屋】となってくるのかも???

※参考サイト:『キャンピングカー比較ナビ』閲覧ランキング

 

もちろんコロナ禍に限らなくても、気ままな小旅行にはうってつけだから、キャンプを考慮して楽しい旅を演出しよう。

災害時にも役立つことも忘れないようにしよう!






-日記, 車の知恵