ゴルフ・スイング理論

【初心者編】ドライバーのスライスが直らない!あなたのダウンスイングのダメな点とは?

初心者ゴルファーの方、スライスが直らなくて悩んでいませんか?どうやら初心者のゴルフスイングには傾向があるようです。それは、スイングプレーンがカット軌道になっているからです。どうなりがちなのか?とその理由を説明してみましょう。ゴルファーのほとんどはこの経験を通してうまくなっていきますので、あきらめないで頑張りましょう。



※この記事は、以前当サイトで掲載した記事から一部抜粋し、改訂たものになります。

初心者ゴルファー、ダウンスイングのダメな点

スイング軌道がカット軌道、打ち方がダウンブロー

ゴルフ初心者のスイングは、ほとんど「カット軌道・ダウンブロー」になってしまいます。あるいは、「カット起動でアッパーブロー」になり、スライスになるのがほとんどです。

※ダウンブローとは、ボールがある位置より左(自分から見て)に最下点がある打ち方です。逆に、アッパーブローはボールの位置より右に最下点がある打ち方です。

ある記事で、「アマチュアの7割は本来のスイングプレーンの上を通って、アウトサイドインの軌道でインパクトしている」と見たことがあります。つまり、カット軌道です。

※カット軌道とは、ダウンスイングで体の遠いところ(アウト)からヘッドが入り、ボールを打った後は体の近いところ(イン)をヘッドが通るイメージです。だから「アウトサイドイン」です。

しかも、入射角(インパクトでヘッドがボールに対してどの程度の角度で入ってきたか)も女子プロのスイングと比べてまるで正反対で、女子プロはプラスの角度、つまりアッパーですが、アマチュアはマイナスの角度、つまりダウンブローになっているというのです。

これだと、アイアンの場合はダウンブローでも構いませんが、ドライバーではいけません。アッパーブローの方が、ドライバーでは飛ぶのですから。

カット軌道とダウンブローをなおしましょう。

 

アウトサイドインでダウンブローになってしまう理由

こうなる理由は簡単で、「アマチュアは打ち急ぐ」からです。

バックスイングでクラブを担いだ後、すぐに力を込めてしまい「手打ち」になる、つまりクラブの重さで下りてくるのではなく、手で下ろして打ちに行くからです。

すると、必ずと言ってよいほど理想のスイングプレーンから、ヘッドと手が前に出てしまいます。そのまま打つのですからカット軌道になり、当たってもスライスになります。

さらに、そのままのイメージでアッパーブローを意識すればするほど、フェースが開いたままインパクトを迎え、スライスがひどくなるのです。

結果、カット軌道から飛び出したボールは高く上がるのですが、スライスして飛距離が出ません。200ヤードも飛べば良いほうでしょう。

そもそも「手打ち」のため手に力が入っていますので、ヘッドが浮いてヒールに当たり、さらにスライスがひどくなり飛距離が出ません。

これを直すには、どうしたらよいのでしょうか?

まずは、打ち急ぎをしないことです。できれば、インサイドインの本来のスイングプレーンを意識して振ってみましょう。それには、ヘッドの重さを感じることです。重さを感じれば、振り子のように自然なスイングプレーンになりえます。

さらに進化させるためには、もちろん「ボディーターン」ということになるわけですが、そういわれても初心者ではイメージがわかないものです。

「4スタンス理論」で提唱されている4つのタイプ別に、スイングのコツ(振り下ろす際の力点)が違ってくるので、次回でお伝えしましょう。



-ゴルフ・スイング理論